FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年ぶりの試合で大活躍!?横浜連峰定例会

JTTCです。

ほぼ1年ぶりに試合に出場しました。横浜連峰クラブの定例会は
今回で年度4回目で欠場すると登録抹消されてしまうので
出場することにしました。今年度は1回目の出場ですが、年度1回目の
大会で運営の手伝いをさせていただいたので、運営手伝いがカウント
されるので、来期も登録となります。ちなみに運営手伝いをすると
弁当が支給されるので、お勧めします。運営補助の内容は各ランクの
組み合わせを決め、マイクで出場選手をコールし、大会の進行を
お手伝いすることです。数回、させていただいたのですが、組み合わせを
決め、試合進行を消化するのが大変でした。しかし、やりがいのある
係りでもあるので、また機会があったら、お手伝いさせていただければと
思います。

JTTCは午後からの出場だったので、2時頃、会場入りしました。
(Aランク~Gは午後から)しかし、まだ午後の部は開始されて
いなかったので、しばらく駄弁ったり、座り込んで休憩していました。
のんびりとした雰囲気ではありましたが、同時にプレッシャーも
ありました。現在、JTTCはGランクではありますが、同ランクには
私よりも経験年数が浅いS原さんやS野さんらが、より下のランクから
順調に勝ち上がり、ランクが並んでしまったからです。S原さんやS野さんとは
日曜さぎぬまで一緒に練習させてもらい、その当時はJTTCのほうが
経験年数が長いということもあり、楽に勝っていました。しかし
練習を重ねるごとに実力を上げられ、ここ最近は練習試合でも負けることが
多々あり、横浜連峰クラブのランクでも追いつかれてしまいました。
直接対決で敗れたらと想像する都度、プレッシャーを感じましたが
自分のペースで頑張ろうと思い、試合に臨むことにしました。また、試合も
1年ぶりなので、結果2勝2敗でランクをキープできればいいなという
気持ちで試合に臨みました。

1試合目は昨年の横浜連峰で1-3で敗れてしまったS藤さんでした。
一応、どうして敗れてしまったか、一応覚えていたこともあり、点を
ある程度取られても、すぐにリカバリすることができ、一応ストレートで
勝つことができました。2試合目はH岡さんと対戦でしたが、あっさりと
ストレートで敗れてしまいました。ロビングマンなのですが、試合開始早々
3球目攻撃を連発して決められ、びっくりしました。またロビングも
両面テナジーを貼られていることもあり、ボールが伸びて返球され、
打球タイミングを合わせることができず、なすすべなく敗れてしまいました。

3試合目はK藤さんと対戦。ペン裏ソフトのドライブやスマッシュが凄く
1セット目からほとんど点が取れませんでした。2試合目負けて1勝1敗に
なった後の3試合目なので、2試合目に負けたH岡さんより楽だろうと
思っていたのですが、攻撃が凄くあっさりストレートで負けるだろうという
弱気とあきらめムードが頭と心の中を漂いました。

ちなみに横浜連峰クラブの試合は全4試合。変則トーナメント形式で行われます。
1試合目に勝った人同志で2試合目が組まれ、2試合目に勝った人同志で
3試合目が組まれるという変則トーナメント方式で行われます。変則な点というのは
通常トーナメントと違って最初から2試合目~決勝まで組み合わせが決まっておらず
1試合目が終了した時点で、2試合目の組み合わせが決まるということです。
今回のJTTCの場合2試合目にH岡さんに敗れてしまったため優勝はなくなり
後は勝敗と取得セットでランクの昇格降格等が決まるということです。
ランクは単純に2勝2敗ならランクキープ、勝ち越せば昇格、負け越せば降格
なのですが、取得セット、取得点数によってはランクが上がったり、下がったりする
ケースを過去JTTC自身経験していたので、相手が強くても1点でも多く取ろうと
気を取り直し、試合を進めようと気合を入れ直しました。
(1昨年度定例会4回目の試合でGランクで1勝3敗だったのですが、次年度
 Gランクキープでした。)


大差でリードされていましたが、JTTCのカウンタブロックが炸裂!徐々に
JTTCペースになりました。
左右に揺さぶったりして、コースを工夫しながら、1セット目はなんとか
大差からの逆転勝ちとなりました。2セット目は取られ、3セット目は
なんとか取れました。2-2に追いつかれた後、5セット目は3-5の劣勢で
チェンジコート。9-9まで接戦でしたが、2本連取され、惜しくも
敗れてしまいました。2-1の時点までは強気で攻撃を仕掛けたりいい感じ
だったのですが、接戦になればなるほど、弱気になり、またサーブの球種も
単調となり、惜しくも敗れてしまいました。

4試合目はなんとか3-1で勝てました。3試合目の試合で消耗して体力も
ほとんどなかったのですが、その分力みが消えたのがよかったのかもしれません。

4試合目なんとか勝って2勝2敗。自分自身に目標にしていたノルマの2勝を
クリアし、審判の方からスコア表をいただき、本部席へ。横浜連峰の試合は
原則勝者の人が試合後、審判からスコア表を受け取り、本部席に持っていくことに
なります。本部席の運営係りの人にスコア表を渡そうとしたら、SJ監督から
声が掛かりました。

『JTTC君。別の人が試合相手がいないので5試合目をしてください。』

体力消耗し4試合目が終わって多少ほっとしていたのですが、SJ監督
(横浜連峰クラブ会長もされています。)からの指名で5試合目をさせて
いただくことになりました。

ちなみに対戦相手の方は公式戦になりますが、JTTCにとっては公式試合では
ないので特に戦績には影響ありません。その分楽な気分で試合をはじめました。
プレシャーを全く感じないので、1セット目、2セット目はあっさりと取れました。
しかし、途中から相手の人がロビングをはじめたころから形勢が逆転しはじめました。

スマッシュ→ロビング→スマッシュ→ロビング というふうにスマッシュを打っても
相手はミスしませんでした。(苦)。スマッシュスピードも徐々に遅くなり、腕を
上げるのもやっと。2-2に追いつかれ、5セット目もボールを追う際、歩いてました。(悲)。
スマッシュは100発は打ちました。

横浜連峰クラブのほかの試合が終了し、会場の皆さんが1球1球見守る中での試合でしたが
結局、この試合はJTTCは敗れてしまいました。試合後、二子、中原のH後さんから
『ストップすればよかったのに。』と教えていただきましたが、ストップという
技術を試合中に思いつきもしませんでした。1年ぶりの試合ということもありましたが
試合経験不足だなというのを痛感させられました。


JTTCの試合が終了し、横浜連峰クラブの全試合が終了しました。
さぎぬまクラブではU野さんがFランクで準優勝でした。ちなみにU野さんは
4月の川崎オープン団体戦(J家さん、M本君らと編成)でCランク出場。
見事に3位入賞をされたり、上位入賞されています。おめでとうございます。^ ^。


140323_1937.jpg


会場を後にし、N田さん、F木さん、M本君らと中原の庄屋へ。
反省会で盛り上がりましたが、JTTCのロビング激闘に関しては
話題にも上りませんでした。(残念)。

試合は勝たないとね。´ `。
スポンサーサイト

theme : 卓球
genre : スポーツ

comment

Secret

プロフィール

Maesaki

Author:Maesaki
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
JTTC カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。